TOP > 内視鏡

内視鏡

内視鏡ビデオスコープシステム「EVIS LUCERA SPECTRUM NBIシステム」

当院の内視鏡の特徴

① 内視鏡はつらくありません。

② 早期発見
  がんは半分の人で治る病気です。
  食道・胃・大腸については早期に見つけることで、根治できます。

③ できるだけ、その場で治療します。
  胃・ポリープ・大腸ポリープ(早期がん含む)は必要であれば、その場で治療します。
  ピロリ菌もその場で診断治療できます。

胃がん大腸がんは早期発見することによって克服できます。
当院ではなるべく苦痛のないような検査が行えるように努力しています。

胃内視鏡(胃カメラ)

  1. 嘔吐反射のおこりにくい経鼻内視鏡という世界で最も細い内視鏡を導入しています。
  2. 苦痛のない様に鎮静剤を用いて半分眠ったまま内視鏡を行うこともできます。
  3. 光デジタル法による画像強調観察で、刺激が少なく、しかも微細な変化を見つけやすくなりました。
  4. 胃の潰瘍や癌の原因の一部といわれるピロリ菌の検査を行っています。(除菌も行っています)
  5. ポリープがある場合には切除いたします。

大腸内視鏡(大腸カメラ)

  1. 苦痛のない様に鎮静剤を用いて半分眠ったまま内視鏡を行うこともできます。
  2. 光デジタル法による画像強調観察で、刺激が少なく、しかも微細な変化を見つけやすくなりました。
  3. 大腸癌の原因の一部といわれるポリープを発見した場合には可能な限りその場で切除いたします。
内視鏡 01 内視鏡 02 NBIと拡大機能を併用した大腸腺腫の観察像例 NBIによる大腸腺腫の観察像例

ページ TOP へ